03-3412-8221 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-17:00

税務調査の時期はいつ?入る確率は?

  1. 税理士法人高津会計事務所 >
  2. 税務全般に関する記事一覧 >
  3. 税務調査の時期はいつ?入る確率は?

税務調査の時期はいつ?入る確率は?

税務調査は、毎年行われる確定申告に対し、申告内容が正しいかどうかを税務署が調査する調査のことを指します。日本では、申告納税制度がとられています。申告納税制度とは、申告する人がみずから自社の所得と税額を計算して納付する制度のことです。この制度の上では、申告内容の公平性と正確性を維持するために、第三者のチェックが不可欠です。そのため、税務調査によってチェックが行われるのです。

では、税務調査ではどこまで調べられるのでしょうか?
まず、調査の範囲について述べます。税務調査では、書類の保管先である事務所が基本的な調査範囲となります。帳簿調査を行い、情報が足りなければ必要に応じて現場を確認していくことになります。現場確認調査では、事務所の金庫や机のほかに、倉庫などもくまなく調査されます。また、製造業では、工場、小売業では店舗が現場扱いになります。ときには、現場にいる従業員に業務内容の聴き取り調査を行うこともあります。さらに、抜き打ちの現況調査もあり注意が必要です。ほかにも、事実確認を行うために、銀行や取引先にまで調査が及ぶこともあります。

次に、具体的に何を調べられるかについて述べます。税務調査では、基本的には、売上や経費などの計上で根拠になる資料全般が調べられます。帳簿・金庫以外にも、パソコンや通帳、お店では予約帳まで開示を求められることもあるので注意が必要です。このように税務調査では、広い対象を細かく確認されます。

次に、調べられる期間についてご説明します。基本的には、3年間分の資料について調べられます。そこで問題が発見された場合に限って、5年~7年分の資料が調べられるようになります。

では、どのような人が税務調査の対象となりやすいのでしょうか。
個人の場合と法人の場合に分けてご説明します。

■個人の場合
個人の場合、売上を隠しやすかったり、モノの販売ではなく、サービスを行っている場合に税務調査の対象となりやすいです。

■法人の場合
法人の場合、事業・売上の規模が大きかったり、例えば、仕入れだけ異常に多いなど税務申告の内容に疑わしい点がある場合に税務調査の対象となりやすいです。

税理士法人高津会計事務所では、東京都世田谷区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県のエリアで「相続」、「資産税」などに関する税務相談や事業を取り巻くお悩みへのご相談を受け付けております。「税務調査」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までご相談ください。

税理士法人高津会計事務所が提供する基礎知識

  • 所得税を納める人

    所得税を納める人

    所得税の納税義務者を個人、法人それぞれの観点から確認していきましょう。 Ⅰ個人 個人である所得税の納...

  • 相続税の税務調査

    相続税の税務調査

    相続税は税務調査が非常に多いものです。 その理由としては、自ら申告を行うものなので、「申告をやり忘れた...

  • 個人開業支援

    個人開業支援

    新たに事業をスタートする場合、いきなり株式会社や合同会社を立ち上げる必要はありません。個人事業からはじ...

  • 個人事業主の確定申告

    個人事業主の確定申告

    「確定申告」とは、その年1年間の所得を計算し、所得税の申告納税を行うことです。 個人事業主の方の確定...

  • 遺留分侵害額請求権の時効

    遺留分侵害額請求権の時効

    相続の際に、「遺留分」という「相続人が最低限相続することが保証されている相続割合」があり、仮に遺言等で...

  • 相続税申告が必要となるケース

    相続税申告が必要となるケース

    相続税の申告が必要になるのは ①遺産総額(課税価格)が基礎控除額を超え、納税義務がある場合。 ②申告が...

  • 税務セカンドオピニオン

    税務セカンドオピニオン

    税理士に聞いてみたいことや顧問契約を結ぼうとして税理士とお話をされた方は数多くいらっしゃると思います。...

  • 相続税の期限

    相続税の期限

    相続税の期限は申告・納税ともに、相続の開始を知った日(被相続人が亡くなった日)から10ヶ月となっていま...

  • 相続税の非課税枠を活用した節税方法

    相続税の非課税枠を活用...

    相続税は被相続人の所有していた資産をもとに計算され相続人に課税されることになりますが、相続税は被相続人...

よく検索されるキーワード

ページトップへ