03-3412-8221 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-17:00

相続税の計算方法

  1. 税理士法人高津会計事務所 >
  2. 相続税に関する記事一覧 >
  3. 相続税の計算方法

相続税の計算方法

相続税の計算は「法定相続分課税方式」という仕組みで行われます。
「先に相続税の総額を求めてから相続人一人一人に配分する」という特徴があり、他の税金とは異なる計算方式なので、きちんと確認するようにしましょう。

⑴課税価格の計算
まずは、相続した財産の合計価格から、相続した確実な負債(住宅ローンなど)や、葬式費用を控除して課税価格を求めます。つまり、課税価格とは「被相続人の純資産」だと理解していただければ良いかと思います。

⑵基礎控除
課税価格が定まったら、基礎控除を行います。基礎控除の控除額は「3000万+600万×法廷相続人の数」円で定めます。基礎控除額の方が課税価格よりも大きい場合には申告義務も納税義務もありません。


⑶相続税の「総額」の計算
基礎控除後の残額を、各法定相続人が「法定相続分に応じて取得したものとして」、各法定相続人が取得する金額を求め、その金額に10%〜55%まで8段階の税率を乗じて税額を求めることで「仮の相続税額」を求めます。次に、各相続人の「仮の相続税額」を合計することで当該相続における「相続税の総額」を求めます。

つまり、法定相続分と異なる配分をしていた場合であっても、相続税額の総額は変わりません。

⑷各相続人の税額の計算
各相続人の税額は、相続税の総額のうち課税価格による按分額です。
つまり、⑶で求めた相続税を、「遺産の実際の相続割合と同じ割合で」按分した額ということになります。

ただし、相続人が被相続人の兄弟などで、一親等の血族(被相続人の父母または子供)か、配偶者でない場合には、税額に20%の加算が行われますので注意が必要です。

なお、相続人が配偶者の税額控除などの税額控除を利用する場合はこちらの段階で控除を適用します。

相続税の税額計算に疑問や不安がある場合には実績の豊富な専門家が在籍する高津会計事務所におまかせください。

高津会計事務所は、世田谷区、東京都内を中心に制度の説明や、節税方法の指南、手続きの代行などを通じて、1日でも早く適切な申告・納税が行われるようご支援させていただきます。
ぜひお気軽にご相談ください。

税理士法人高津会計事務所が提供する基礎知識

  • 自分で相続税申告はできる?

    自分で相続税申告はできる?

    「相続財産が多く、相続税申告の義務がある。」ということがわかった場合には次に「自分でできるのか。」とい...

  • 資金繰り

    資金繰り

    会社にとって大事なものとして「キャッシュフロー」、「資金繰り」が挙げられます。キャッシュフローや資金繰...

  • 年末調整

    年末調整

    年末調整とは、毎年の年末に給与から天引きされた所得税の清算を行うことを言います。会社にお勤めの方は、会...

  • 融資コンサルティング

    融資コンサルティング

    会社は初期投資を行ったお金だけで、すべての事業を行える可能性は非常に少ないです。そのため、銀行からの融...

  • 税務セカンドオピニオン

    税務セカンドオピニオン

    税理士に聞いてみたいことや顧問契約を結ぼうとして税理士とお話をされた方は数多くいらっしゃると思います。...

  • 所得税に関するご相談は税理士法人高津会計事務所にお任せください

    所得税に関するご相談は...

    所得税は、私たちの日常生活に最も身近な租税であることは間違い無いでしょう。 日本の所得税の特徴は様々...

  • 人事・労務

    人事・労務

    税理士と人事・労務は一件つながりのないように見えてしまいます。しかし、会社では、タイムカードの作成など...

  • 遺留分侵害額請求権の時効

    遺留分侵害額請求権の時効

    相続の際に、「遺留分」という「相続人が最低限相続することが保証されている相続割合」があり、仮に遺言等で...

  • 資金繰りの相談は税理士にお任せください

    資金繰りの相談は税理士...

    会社によって最も大事なものは「資産と資金」ですが、その資金の流れのことをキャッシュフローといいます。キ...

よく検索されるキーワード

ページトップへ