03-3412-8221 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
平日9:00-17:00

青色申告

  1. 税理士法人高津会計事務所 >
  2. 所得税に関する記事一覧 >
  3. 青色申告

青色申告

青色申告は確定申告の種類で、白色申告に比べて手続きなどが複雑である分、受けられる恩恵が大きいものになっています。

なお、所得が多い方ほど、青色申告を利用される方が多くなっていく傾向があります。

ここでは青色申告について確認します。複雑ですが、メリットの多いものですので、しっかり確認しておきましょう。

Ⅰ青色申告をするための条件
青色申告を行うためには、まず最寄りの税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出しなければなりません。

提出期限はもともと事業をしている場合は確定申告期間(3/15)まで、新たに事業を起こした場合は開業から2ヶ月以内となっております。

Ⅱ青色申告のメリット。
⑴青色申告特別控除
単式簿記・現金式簡易簿記による記帳と損益計算書の作成を行えば10万円
複式簿記による記帳と損益計算書・貸借対照表の作成を行えば65万円
の所得が控除されます。

⑵赤字の繰越
赤字が出た場合は、最長3年間にわたって翌年以降に赤字を繰越し、翌年の収益と相殺することができます。

⑶少額減価償却資産の特例
減価償却資産であっても、30万円未満であれば、一括でその事業年度の経費にすることが認められます(年300万円まで)。

そのため、10万円〜20万円の資産は①通常の減価償却、②3年で償却する一括償却、③少額減価償却資産の特例の3つから、20〜30万円の資産は①通常の減価償却、②少額減価償却資産の特例の2つから計上方法を選択できるようになります。

⑷専従者給与
専従者への給与の支払いを経費に参入することが認められるようになります。

なお、専従者とは以下の条件を満たす人になります。特に③には注意が必要です。
①青色申告者と生計を一にする配偶者などの親族。
②その年の12月31日現在で年齢が15歳以上。
③その年内の6ヶ月を超える期間、青色申告者の営む事業に「のみ」従事している。

白色申告に比べて複雑な青色申告ですが、やり方などを記した書籍は多くあり、自分でできる場合も多くあります。しかし、疑問や不安が生じた場合にはぜひ専門家にお問い合わせください。

高津会計事務所では、世田谷区、東京都内を中心に実績豊富な専門家が皆様のお悩みに親身に寄り添い、1日でも早い適切な申告・納税の実現を支援させていただきます。
ぜひお気軽にご相談ください。

税理士法人高津会計事務所が提供する基礎知識

  • 資金繰りの相談は税理士にお任せください

    資金繰りの相談は税理士...

    会社によって最も大事なものは「資産と資金」ですが、その資金の流れのことをキャッシュフローといいます。キ...

  • 所得税の源泉徴収

    所得税の源泉徴収

    居住者に対して給与等の支払いをする者は、その支払いの際に、給与に対する所定の所得税を徴収し、その徴収の...

  • 相続税申告の対象となる財産、ならない財産

    相続税申告の対象となる...

    相続税の課税対象は、「相続または遺贈によって取得した財産」が原則で、財産権の対象となる一切の物、権利が...

  • 税務セカンドオピニオン

    税務セカンドオピニオン

    税理士に聞いてみたいことや顧問契約を結ぼうとして税理士とお話をされた方は数多くいらっしゃると思います。...

  • 所得税に関するご相談は税理士法人高津会計事務所にお任せください

    所得税に関するご相談は...

    所得税は、私たちの日常生活に最も身近な租税であることは間違い無いでしょう。 日本の所得税の特徴は様々...

  • 会社設立支援

    会社設立支援

    会社設立には主に4つのステップを踏む必要があります。 1つ目のステップは、設立する会社の種類を決める...

  • 配偶者居住権について

    配偶者居住権について

    2018年7月6日にいわゆる「相続法」が改正され、「配偶者居住権」が創設されました。配偶者居住権とは、...

  • 融資コンサルティング

    融資コンサルティング

    会社は初期投資を行ったお金だけで、すべての事業を行える可能性は非常に少ないです。そのため、銀行からの融...

  • 助成金

    助成金

    会社の事業拡大や設備投資を行うにあたっては、お金が必要になってきます。その際に利用できる方法としては「...

よく検索されるキーワード

ページトップへ